日常が"非日常"の町-今井町

           古商都の情緒と風情が満喫できる見晴らし茶屋で一息。

   信長に赦され、秀吉・家康に愛された奇跡の町

                  江戸時代の町家が“真空パック”された「今井町」に
             生まれた情感溢れる景観が楽しめる見晴らし茶屋

かつてご法度だった景観が今味わえる茶屋

昭和の開放的な二対の窓からだからこその奇跡

今井町見晴らし茶屋
「ももや」

誕生

江戸時代の町家は、武士を上から見下ろすという
ことを憚ることと、建物の耐久性の問題もあり、
二階は屋根が低い「つし二階」で、しかも
牢屋のような「虫籠(むしこ)窓」であったため
景観を楽しむという発想は、そもそもありません
でした。
しかし、昭和四十年代の建物である「ももや」は、
視界が広い2階の北と東の4対の大きな窓から
今井町の景観や、西のバルコニーからは遠く
二上山方面の夕陽を臨むことができます。
”21世紀の今””だからこその奇跡の景観を伝統の
大和の和紅茶や果実葉茶等と共にお楽しみ下さい!

「奈良(=大和)を紡ぐ」ことも「ももや」の使命。「ももや」は茶葉を奈良・月ヶ瀬の大和茶から取り寄せていますので、現地の茶山・茶園を周りました。

「見晴らし茶屋」2階客間は、吉野のヒノキや杉、ケヤキ等をふんだんに取り入れ、大胆たつ繊細にリノベーションしました。
”まったり”窓から町家を眺めていただけるように、開放的で心休まる「和モダン」テイストを実現しました。

「ももや」の屋号の由来は、「桃」の木から来ています。桃の木は、中国から大和の国に伝来されたとされ、病魔や厄災をよせつけない不老長寿の仙木で、節分にも桃の木の弓で鬼を追い払う儀式があったほど、とても縁起のよい植物です。
女王卑弥呼(ひみこ)が治めた邪馬台国の有力候補地とされる奈良県桜井市の纒向(まきむく)遺跡(国史跡、3世紀初め~4世紀初め)では、放射性炭素(C14)年代測定を実施したところ、西暦135~230年とみられる桃の種が3千個近く出土され、まさに卑弥呼の宮殿とされる建造物は、桃源郷だった模様。田原本町には桃太郎伝説もあります。そして、今井町が町として誕生したのは室町時代後期(戦国時代)の1533年ですが、「海の堺、陸の今井」として大きく発展し始めたのは、信長・秀吉の安土”桃”山時代(1573-1603年)から。
また、今井町の町家の瓦にも縁起が良いとされる桃の意匠が多数使われています。このように、今井町には桃との深いご縁があります。
「ももや」が誕生したのは、2020年春。春の花と言えば、梅・桃・桜がありますが、店名にはこのような理由から、迷わず「もも」を採用いたしました。