日常が"非日常"の町-今井町

町の輪郭をつかめる見晴らし茶屋で一息。

今に生きる “歴史のテーマパーク”

江戸時代の古民家が“真空パック”された
「今井町」に生まれた景観と大和茶が楽しめる見晴らし茶屋。

二十一世紀こその景観が楽しめる。

“見晴らし茶屋”誕生です。
お気軽にお越しください。

今井町見晴らし茶屋
「ももや」

誕生

江戸時代の町家は、武士を上から見るということを
はばかることと建物の耐久性の問題もあり、
二階は屋根が低い「つし二階」で、
しかも牢屋のような「虫籠(むしこ)窓」で
あったため、景観を楽しむという発想は、
そもそもありませんでした。
しかし、昭和四十年代の建物である「ももや」は、
視界が広い2階の北や東の大きな窓から
今井町の景観や西のベランダからは
遠く二上山の山上の夕陽を楽しむことができます。
まずは、町を散策する前に、そのエッセンスを
伝統の大和の和紅茶や果実葉茶と共にお楽しみ下さい!

「奈良を紡ぐ」ことも「ももや」の使命。「ももや」は茶葉の多くを奈良・月ヶ瀬の大和茶から取り寄せますので、現地の茶山・茶園を回りました。

「見晴らし茶屋」2階の照明は、吉野のヒノキや杉、松をふんだんに取り入れていれ、まったり窓からの町屋を眺め、落ち着いていただけるように、「和」テイストにいたします。

「ももや」の屋号の由来は、この「桃」の木から来ています。奈良県桜井市の古墳からは、桃の種が3000個近く出土されていたり、田原本町には桃太郎伝説もあります。春の花と言えば、梅・桃・桜がありますが、「梅祭り」「桜祭り」に比べ、「桃」は祭りも少なく、素朴に陽を当てたいという気持ちがあります。