1. HOME
  2. ニュース(最新の情報更新)
  3. 5/11(木)22:00〜23:00 🌍クラハ第61回「古民家大学」事前資料

5/11(木)22:00〜23:00 🌍クラハ第61回「古民家大学」事前資料

5/11(木)22:00〜23:00 🌍クラハ第61回「古民家大学」事前資料

【古民家大学とは?】
現在毎月第1木曜日22時〜23時に開催。古民家再生や古民家暮らしに関するニュースや情報を元に、議論、意見交換し、古民家再生とその価値創造の「理論(=研究)と実践」の場作りのためのルーム。建築文化財である古民家の再生や継承からライフスタイルの変革につながることに期待している。昨年7月までの1年間は毎週木曜日22〜23時に開催していましたが、50回を超えて昨年8月からは、原則月1回開催の「毎月第1木曜日22時〜23時」となっています。

1.話題のチャットGPTに聞いてみました。

Q1:「古民家の魅力を教えてください」
A:古民家には多くの魅力があります。以下にその一部をご紹介します。

歴史と文化の融合: 古民家は歴史的な建築物であり、その中には地域の文化や伝統が反映されています。建物自体が歴史を物語り、古民家に住むことで、過去の時代や文化に触れることができます。

周囲の自然との調和: 古民家は自然素材を多く使用しており、周囲の自然環境と調和しています。木の香りや自然光が溢れ、四季の移り変わりを感じながら過ごすことができます。

豊かな空間と間取り: 古民家の間取りは、家族や村の共同生活を考えて設計されています。畳の間や広い庭、縁側など、ゆとりある空間があり、家族や友人との交流を深めることができます。

省エネ性と持続可能性: 古民家は、自然素材を使った建築構造や風通しの良い設計が特徴であり、エネルギー効率が高く、持続可能な住まいとして注目されています。

個性的なデザインと工芸品: 古民家は、地域の職人の技術やデザインが結集された、個性的で美しい建築物です。また、家具や調度品にも伝統的な工芸品が使用されており、独自の趣があります。

癒しの空間: 古民家は、自然素材を使った落ち着いた雰囲気や、静けさが魅力的です。都会の喧騒から離れて、自然や歴史に触れながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

これらの魅力から、古民家は自然や歴史、文化を大切にする人々にとって、心豊かな暮らしを実現する特別な住まいとして人気があります。また、リノベーションを通じて現代的な生活スタイルに合った使い方ができるため、多くの人に魅力的な選択肢となっています

Q2.「古民家カフェの魅力は?」
A:古民家カフェの魅力は、以下のような要素があります。

懐かしい雰囲気と歴史的価値:古民家は昔の日本の建築様式を反映しており、その歴史的な価値や伝統的な雰囲気が魅力的です。古民家カフェは、昔懐かしい空間を味わいながら、日本の文化や歴史に触れることができます。

落ち着いた空間とリラックスした雰囲気:古民家は木造の建物が多く、自然素材を使用しているため、自然の温もりを感じられる落ち着いた空間があります。古民家カフェは、都会の喧騒を忘れさせてくれるリラックスした雰囲気があり、ゆったりと過ごすことができます。

食文化との融合:古民家カフェでは、伝統的な日本の食材や食文化を取り入れたメニューが楽しめることがあります。季節の食材を使った料理や和菓子など、日本独特の味覚を楽しむことができます。

ライフスタイルの提案:古民家カフェは、自然との共生や持続可能な暮らしを提案することがあります。例えば、古民家自体が再利用されていることや、自然エネルギーを活用した設備などが取り入れられていることがあります。また、自然に囲まれた場所にあることが多いため、アウトドアや自然体験を楽しむこともできます。

文化や芸術との融合:古民家カフェは、文化や芸術との融合が見られることがあります。例えば、伝統的な工芸品やアンティーク家具が飾られていることが多く、趣味や興味を持つ人にとっては、鑑賞や学びの場としても楽しめます。

これらの要素が組み合わさった古民家カフェは、日本の伝統文化や自然、歴史に触れながら、くつろぎの空間でくつろぎながら、食や文化を楽しむことができる魅力的な場。

2.老朽化が激しい築100年の古民家を再生!「建築家の自邸」ができるまで

昭和25年の建築基準法制定以前に建てられた“既存不適格建築物”という扱いで、安全性を減じさせるなどさえしなければ、必ずしも現行基準に適合させる必要はなく、比較的自由に改修できる。

◎モダンリビング

3.「木造築100年時代の到来」
平成になって35年が経ってしまいました。平成築で築50年はすぐにやって来るでしょう。しかし、実際の建物を見れば、ちゃんとしたメンテナンスをしていれば、なんの問題もないでしょう

特に、平成築の木造100年は日本でも十分可能性があると思います

昭和築に関しては昭和60年以降ぐらいなら何とかかな?と思います
◎楽待不動産投資新聞サイト

4.クラウドファンディング:長崎県五島の伝統的な古民家と樹齢約250年の巨大なアコウの樹を後世に残したい!

【必要資金】
総額:約2,500万
 
⦁    建物改装 1650万
⦁    家具、備品購入 330万 
⦁    外構工事(ウッドデッキなど) 320万 
⦁    駐車場整備 100万
⦁    浄化槽設置 100万
 
【資金の準備方法】
特定有人国境離島地域社会維持推進交付金雇用機会拡充事業により1,200万円の補助金支給予定
あとは融資による自己負担1,300万円
 
【目標金額】
100万円
◎READYFOR

4.東京都内の閑静な住宅街にたたずむ、コンクリート造りの洋館「VILLA COUCOU(ヴィラ・クゥクゥ)」。建てられて60年以上たつこの家を買い取り、おととし「管理人」となったのは俳優・鈴木京香。
◎NHKクローズアップ現代

5.日本橋での「国内最大、最高層」になる地上17階、高さ約70m「木造賃貸オフィスビル計画」の現況(2025年竣工)!三井不動産と竹中工務店による木造ビルで構造材に木材1,000㎡超見込み
◎記事
耐火集成材「燃エンウッド」の仕組み[出典:三井不動産]

 日本橋の同ビルは主要な構造材に竹中工務店が開発した耐火集成材の「燃エンウッド」を採用した木造ハイブリッド建築になる予定で、その「燃エンウッド」とは国土交通大臣より耐火構造の認可を受けた技術で、独自の燃え止まり機構により木の柱や梁の表面を耐火被覆などで覆わない“現し(あらわし)”で用いることが可能となっています。

ニュース(最新の情報更新)

ニュース(最新の情報更新)一覧